【離乳食完了期】1歳頃からおすすめの最強ベビーフード20選

赤ちゃんが生後5~6ヶ月の頃、ドロドロの10倍粥からスタートした離乳食も、1歳になる頃にはもはや完了時期に差し掛かります。

実際に母乳やミルクをやめる「卒乳」の月齢や時期は人それぞれですが、1歳頃からは大人と同じ1日3回の食事を摂りますが、摂取する栄養のメインは離乳食からとなります。

離乳食期に市販のベビーフードを利用した、パパママも多いのではないかと思いますが、1歳頃の完了期用にも、和光堂やキューピーといった有名メーカーから数多くのベビーフードが販売されています。

ただ種類がたくさんあるので、どんなものを選んだらいいのか迷われてしまう方も多いようです。

そこで今回は、離乳食から幼児食へと移行するこの時期、いったいどのようなベビーフードがあるのかを詳しく見てみましょう。

おすすめのベビーフードもたっぷり9点ご紹介します。



1歳ってどんな時期?

1歳の成長
赤ちゃんの成長は本当に早いもので、生まれてわずか1年ではいはいやつかまり立ち、早い子だと立って歩いたりする子もいます。

とにかく何にでも興味を示し、なんでも触って口の中に入れようとするので、歩くようになるとなおさら育児上の注意が必要になります。

かんたんなおしゃべり(パパ、ママ、ワンワンなど)が始まるのもこの頃からです。

とはいえ、1歳の赤ちゃんは成長度合いがその子によってそれぞれです。

早い子もいれば遅い子もいて当然。

この1歳の時期は特にばらつきがあるので、乳幼児健診も1歳児検診よりも1歳半検診を取り入れている自治体がほとんどだそうですよ。

この頃となると、ちょっとずつ乳歯が生えてきます。

また、歯がなくても歯茎が成長してきているので、ちゃんとお口をモグモグしてごはんを食べるようになります。

手づかみ食べが主ですが、だんだんとスプーンやフォークも使えるようになってきます。

1歳で気をつけたい食材は?

1歳が気をつける食材
生後5~6ヶ月から徐々にいろんな食材を試してきていると思いますが、1歳になってもまだ食べさせるには注意が必要な食材があるので、チェックしておきましょう。

生卵

中には卵アレルギーだと診断されたお子さんもいるかもしれませんが、アレルギーがないとわかっていても、1歳の赤ちゃんにはまだまだ生卵は早いと言われています。

卵黄・卵白ともに完全に火を通して食べさせてあげましょう。

ハチミツ

1歳未満の赤ちゃんにとって、ハチミツはNGです。

乳児ボツリヌス症にかかることがあるためです。

これは加熱処理されていても変わらないので、1歳未満の赤ちゃんには飲み物やお菓子なども、ハチミツが入っていないものを選ぶ必要があります。

満1歳を迎えた頃にはおなかの環境も成長しているのでOKとなりますが、はじめの頃はごく少量からスタートしましょう。

生物・生魚

同じく1歳未満では食べさせてはいけないのが、生魚などの生物です。

1歳ではまだ体内に十分な抗体ができていないので、大人が食べて大丈夫なお刺身でも、赤ちゃんが口にすると、耐性がないために食中毒やアレルギー反応を起こしてしまうと言われています。

明確に◯歳ならOK、というのはないそうですが、3~5歳頃まで与えないという方が多いようですよ。

こちらもはじめて食べさせる場合は、白身魚などをごく少量からスタートしましょう。

1歳頃からのベビーフードの選び方

1歳のベビーフードの選び方
それでは、1歳頃の赤ちゃんにあげるベビーフードの選び方を見てみましょう。

具の大きさがあり、噛みごたえがあるもの

トロトロなものを選んでいた離乳食初期・中期と違い、完了期に入るとちゃんと赤ちゃんにとって噛みごたえのある、食感・具材感のあるものを選んであげましょう。

摂取する栄養のほとんどが母乳やミルクではなく離乳食からになるので、できるだけ具だくさんのメニューのほうがバランスが良いのでおすすめです。

炭水化物・タンパク質をバランス良く

ごはんや麺などの炭水化物ばかりにならないよう、肉や魚、野菜の量もしっかりとれるように調節しましょう。

レバーなど、栄養豊富だけれど自分で手作りするのが大変…そういう食材こそベビーフードを賢く利用すると便利です。

お出かけに便利なもの

1歳となると、もう毎日のように公園に通っているご家庭も多いのではないでしょうか。

たまにはお友達とピクニック気分で、お外でお弁当のように離乳食の時間を設けるのもいいですよね。

カップ容器に入った、スプーン付きのベビーフードもたくさん出揃っていますので、じょうずに活用してみましょう。

1歳未満対応なら継続して使える

今回は1歳以降におすすめのベビーフードをご紹介しますが、もちろん1歳未満対応のベビーフードも継続して利用できます。

ドライタイプの野菜フレークやおかゆ、粉末の野菜エキスなどは離乳食作りに役立ちます。

【主食】1歳頃からおすすめのベビーフードBEST5

1歳におすすめのベビーフード
それでは、1歳頃の赤ちゃんにおすすめのベビーフードを、具体的にランキング形式で厳選してご紹介します。

まずはごはん・麺類といった「主食」ジャンルのベビーフードを5点ご紹介します。

No.5 キユーピーベビーフード ハッピーレシピ バラエティセット (6種×2袋)

メーカー名 キューピー
内容量 80g
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー

色んな食材で毎日発見!

毎日食べる離乳食だから色んな食材を食べさせたい!と思うママさんも多いはず。

でも、色んなメニューを考えるだけでも大変だし、そんな時は、バラエティーセットがおすすめです。

お子さんの好きなメニューが勢ぞろいしており、開けたの食べない、と言うことはないはずです。

育児で大変な時は、上手に活用し、ママも赤ちゃんもハッピーな毎日を過ごしてくださいね。

No.4 すまいるカップ かれいと野菜の炊き込みごはん

すまいるカップ かれいと野菜の炊き込みごはん

メーカー名 キューピー
内容量 120g
容器のタイプ カップタイプ
カロリー 78kcal

電子レンジOK、おでかけにも便利なカップ

すまいるカップ かれいと野菜の炊き込みごはん
タンパク質であるかれいと野菜が入った炊き込みご飯です。

玄米が使用されているので、より栄養価が高くなっています。

すまいるカップシリーズは、電子レンジ対応の容器なのがうれしいポイント。

別のお皿に移さず加熱できるのは便利ですよね。

もちろん常温のまま、おでかけにも持っていきやすくなっています。

No.3 1歳からの幼児食 ミートスパゲッティ

ミートスパゲッティ

メーカー名 グリコ
内容量 110g×2袋
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー

噛む練習にぴったりのスパゲッティ

10種類の野菜が、ちょうど1歳頃の赤ちゃんに食べやすい大きさ・形・固さでたっぷり入ったミートソースです。

スパゲッティ入りなので、そのまま食べさせてあげることが可能。

ケチャップ味が好きな子どもは多いので、食が細いお子さんにも気に入ってもらえるかもしれません。

No.2 栄養マルシェ お子さまカレーときんぴらランチ

栄養マルシェ お子さまカレーときんぴらランチ

メーカー名 和光堂
内容量 90g+80g
容器のタイプ カップタイプ
カロリー 記載なし

人気のカレーライスがカップに

子どもの大好物としてランクインすることが多いカレーライスも、1歳頃になると食べることができます。

スプーン付きカップになっているので、お出かけ先で大好きなカレーライスを食べられますね。

きんぴらもついているので栄養バランスもばっちりです。

No.1 1歳からの幼児食 野菜カレー

1歳からの幼児食 野菜カレー

メーカー名 グリコ
内容量 85g×2袋
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー

辛味成分なし、はじめてのカレーにおすすめ

10種類の野菜が入った、辛味成分を使っていないカレーライスです。

中の具材は、赤ちゃんが噛む練習にぴったりの大きさになっています。

ごはんはついていないので、パンやうどんと合わせる使い方もできますね。

【おかず】1歳頃からおすすめのベビーフードBEST4

おかずのおすすめBEST10
続いては、副菜・おかずにおすすめのベビーフードをランキング形式で4点ご紹介します。

No.4 ピジョン 鮭の野菜あんかけ 80g

メーカー名 ピジョン
内容量 80g
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー 40kcal

お魚と野菜でバランスの摂れた食事を

お野菜やお肉は普段食べさせていても、お魚は骨があるのでついつい敬遠しがちなものです。

鮭には良質なたんぱく質や、頭にも子どもの発育にも良いとされるDHAが含まれご紹介しているベビーフードはおすすめです。

魚嫌いのお子さんも最近は増えていますから、小さい時からできるだけ食べさせ美味しさを認識させてあげましょう。

管理栄養士さんが、1回の食事で必要な栄養をきっちり摂取できるように作っているのも、魅力の1つです。

No.3 森永 おうちのおかず 和食メニュー 4食セット(12ヵ月)

メーカー名 森永
内容量 100g
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー 100g当たり51kcl

国産のお肉とお野菜を使った安心の和食メニュー

野菜嫌いな子にならないようにしたい、と思っているママさんは多いと思いますが、そんな心配を解消したい方におすすめの和食メニューです。

国産のお野菜とお肉をたっぷり使い、全て増粘剤・着色料・保存料・香料を全て不使用で作った安心と安全のある商品。

1歳を超えるとしっかりと食事を取るようになりますが、おかずだけで100gあり沢山食べる子にも満足な量が入っています。

そして、色んな味を楽しめるしお値段も高くないのでリピしたいベビーフードです。

No.2 野菜あんかけ豆腐ハンバーグ

野菜あんかけ豆腐ハンバーグ

メーカー名 和光堂
内容量 80g
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー 記載なし

赤ちゃんも食べやすいふわふわのハンバーグ

赤ちゃんにとってお肉とつなぎだけで作るふつうのハンバーグはまだまだ飲み込みにくいもの。

こちらは鶏肉と豆腐でふんわりと作られたハンバーグです。

あんかけなので食べやすいですね。

国産野菜100%。着色料、保存料、香料不使用です。

No.1 野菜のミネストローネ風(レバー・牛肉入り)

野菜のミネストローネ風(レバー・牛肉入り)

メーカー名 キューピー
内容量 100g
容器のタイプ パウチタイプ
カロリー 記載なし

レバーも摂れる野菜たっぷりおかず

野菜、鶏レバー、牛肉をトマトペーストで煮込んだ、ミネストローネスープ風のおかずです。

レバーやセロリなど、栄養を思うと赤ちゃんに食べさせたいけれど、家で調理するのがちょっと大変な食材もしっかり入っているのがうれしい一品です。

まとめ

1歳におすすめのベビーフードまとめ
1歳頃におすすめのベビーフードについて詳しくご紹介しました。

離乳食を始めた頃と比べて、食べられる食材も増え、食材の大きさや硬さもしっかりとしたものになってきます。

大人のごはんやおかずと一緒に作ったりと工夫もできますが、やはり毎日の離乳食作りはたいへんなもの。

お出かけの時、時間がない時、パパママが疲れていたり具合が悪い時など、市販のベビーフードをじょうずに使っていきたいですね。

ぜひ参考にしてみてください。

離乳食スタート!の記事はこちら

離乳食の便利グッズの記事はこちら